レシピブログ

生協の宅配

無料ブログはココログ

さつまいもの地中海風ワイン煮

秋といえば焼き芋? さつまいももワインとレモンで煮るとこんなにおしゃれなデザートになります。昔、自由ヶ丘の南欧風レストランで習ったレシピです。ヨーグルトといっしょに食べるとおいしいです。

130916imo1

【材料】
さつまいも 500g
砂糖 200g
シナモン
レモン
ワイン

【作り方】
1.さつまいもを2cm幅に輪切りする。
2.鍋に1.のさつまいもを入れ、水をひたひたに入れる。
3.固めにゆで、水を半分捨て、その分ワインを足す。
4.3.に砂糖、シナモン、レモンの輪切りを加え煮詰める。

130916imo02

シナモンが大きめに砕かれたためこしょうのようになってしまいました。

ラムケーキ

北欧家具、おもちゃを扱っていたカフェで販売していた「ラムケーキ」です。残念なことにそのカフェはなくなってしまいましたが、今はお友達の誕生日のお祝いや持ち寄りパーティなどに作っています。

130916rum0


【材料】
卵 4個
砂糖 180g
小麦粉 160g
バター100g
ラム酒大さじ1

【作り方】
1.卵白4個を泡立て、途中、砂糖180gを加え、しっかり泡立てる。
2.卵黄4個を1個づつ泡立てながら加える。
3.小麦粉160gを振り入れて、さっと混ぜる。
4.熱々の溶かしバター100gを手早く混ぜる。このとき予め、2で使った泡だて器を4の溶かしバターの中に入れ混ぜてから生地に加えるとバターが分離しにくい。
5.ラム酒大さじ1を加える。
6.パラフィン紙を敷いた型流し入れ、170度のオーブンで50分焼く。
大人の方はお好みでラム酒小さじ1を焼きあがったケーキにふりかけてください。

130916rum1


130916rum2


130916rum3

無花果(いちじく)のシロップ煮

夏の果物にもうひとつ、「無花果」がありました。そのまま食べてもおいしいのですが、シロップで煮るとまた数段お洒落になり、お友達を呼んでご馳走したくなります。

1309itijiku


【作り方】
水と同量の砂糖を煮立て、皮つきのまま4~5分煮る。しっかり冷やす。
食べるとき、みりんで溶いた白味噌をのせてもおいしい。

新生姜の佃煮

新生姜を見つけると作るのが「新生姜の佃煮」です。

130908syouga_2



【材料】
新生姜 1kg
干しいたけ 50g
昆布 50g
しょうゆ 270cc(めんつゆと半々でも可)
みりん 130cc
酒 50cc
砂糖 360~400g

【作り方】
1.新生姜を薄切りにし、水に1時間つけてアクを抜く。
2.干ししいたけを戻し、薄切りにする。
3.昆布を戻し、1cmの角切りにする。
4.調味料と1~3までの材料を全て鍋に入れ、約2時間弱火で煮る。

かぼちゃの水羊羹

今日は野菜の「かぼちゃ」を使ったデザートです。蒸し暑い日に食べる水羊羹は特においしいです。それもかぼちゃを使っているので栄養満点。

Kabotyayoukan2


【材料】
かぼちゃ 500g
砂糖 150g
塩 少々
粉末寒天 4g
水 2カップ

【作り方】
1.かぼちゃの皮をむき、2cm厚さに切って40~50分水にさらす。
2.かぼちゃを蒸し、やわらかくなったら裏ごす。
3.寒天を水に溶かし、火にかけて完全に溶けたら砂糖、塩を加え、1~2分煮る。
4.3.に2.の裏ごしたかぼちゃを入れ、混ぜる。
5.荒熱をとって型に流し入れ、冷やし固める。

桃のババロア

夏の果物というとスイカ、梨、そして桃です。桃はおいしいのですが、たまに未熟なものにあたることもあります。そんな桃を使って「桃のババロア」を作ります。

Momonobabaroa


【材料】
桃 2個
レモン汁 1/2個分
ゼライス 10g
砂糖 80g
水 150g
生クリーム 100cc

【作り方】
1.桃をうす切りにし、レモン汁と砂糖の分量の2/3をふりかける。
2.砂糖が溶けたらうらごす。
3.ゼライスに水を加え弱火で沸騰しないよう煮溶かす。
4.残りの砂糖を加え火から下ろし冷ます。
5.4.に2.の桃を加え混ぜる。
6.別のボールに生クリームを8分立てし、5.に加え、冷やし固める。
  5.と6.の硬さが違いすぎると分離してしまうので注意。

Momosatou

セロリとクリームチーズのディップ

アメリカ帰りの友人に教えてもらったセロリがたくさん入ったディップです。ちょっとおしゃれで、持ち寄りパーティにも向いています。野菜につけてもパンにつけてもおいしいですが、カロリーが高いので食べすぎには注意を・・・

130731dip



【材料】
キャンベルのクリームマッシュルーム缶 1缶(300g)
クリームチーズ 250g
粉ゼラチン 大さじ1
かに缶 1缶(100g)
レモンのしぼり汁 1/2個分
セロリのみじん切り 1カップ分
マヨネーズ 1カップ(250g)

【作り方】
1.粉ゼラチンを大さじ3の水で溶いてふやかしておく。
2.鍋にクリームマッシュルーム缶とクリームチーズを入れ、弱火にかけて混ざったら火を止める。
3.荒熱がとれたら、1.のゼラチンを入れ良く混ぜる。
4.かに缶、レモン汁、セロリ、マヨネーズを加えよく混ぜる。
5.容器に入れ、冷やし固める。

130901dip02

小さな容器に入れお友達に差し上げたりします。

暑い日に電子レンジだけで出来るキャベツの肉巻

暑い日には、コンロの火も使いたくないものです。
そんなときにおすすめなのが、電子レンジだけで出来るキャベツの肉巻です。

Butakyabetu1


【作り方】
1. キャベツを4,5枚、生姜1片を線切りにして少々の塩で揉む。
2. 熱に強いラップを広げて、豚薄切り肉を少し重ねて置き、水分を絞ったキャベツを巻く。
3. 耐熱皿に2本並べて、約10分電子レンジにかける。

Butakyabetu

焼き茄子の寒天寄せ

暑い夏の日に、冷た~い寒天のおかずはご馳走です。

Nasu03


【材料】

茄子 5本
だし汁 2カップ
粉寒天 4g
醤油 大さじ1.5
みりん 大さじ1.5
 
練り胡麻 大さじ2 


【作り方】

1.茄子5本を焼いて、皮を剝き、箱型の器に入れ、振り醤油しておく。
2.だし汁2カップに粉寒天4g、醤油大さじ1.5、同量のみりん、練り胡麻大さじ2を加えて良く煮溶かす。
3. 2を焼茄子の上に流しかけ、冷やし固める。

Nasukanten

夏の食卓に欠かせない3品

毎日ほんとうに暑いです。毎年7月上旬はまだ梅雨だというのに今年は既に真夏です。
そんな暑さに負けない真夏の3品を紹介します。


1307natuyasai


(1)キューリの漬けもの(写真中央)
漬汁(醤油3:酢1:砂糖1)を煮たてて火から下ろし、5mmの厚さに切ったキューリ3本分を刻みしょうがと共に入れ、冷めたら中身を別に取って漬汁だけ熱くして、中身を戻す。これを3回繰り返す。

(2)山形地方のだし(写真下)
キューリ、なす、茗荷、大葉を粗みじん切りにして、醤油で味を整える。

(3)肉みそ(写真上)
豚赤身挽肉を炒めて、味噌、砂糖、酒を加え、みじん切りのニラを沢山加えて炒める。
豆腐料理、麺料理に合う。

1307dashi

トマトに(2)のだしを載せると美味しいです。