レシピブログ

生協の宅配

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

高級 肉まん

野菜がたっぷり入った肉まんは、中華街で食べる高級肉まんに負けないおいしさです。
寒い冬に一度は食べたい味。


Nikuman

【材料】(15個分)

(生地)
小麦粉 強力粉 300g
      薄力粉 200g
イースト 12g
砂糖 50g
塩 小さじ1
ショートニング 30g
(または サラダ油 大さじ1・1/2)
水 310g

(中味)
豚ひき肉 200g
しいたけ 2枚
白菜(またはキャベツ) 2枚
ニラ 1/3束
玉ねぎ 1/2個
貝柱 1個
たけのこ 少々
生姜 1片
塩 小さじ2/3
しょうゆ(オイスターソース) 小さじ2
ゴマ油 小さじ2

【作り方】
1.パン焼き器に生地の材料を入れ、発酵コースで混ぜる。
2.生地を15等分にし丸める。乾燥しないよう布きんをかけておく。
3.中味を混ぜ15等分しておく。
4.2.の生地で3.の中味を包み、20~30分間寝かす。
5.蒸し器で15~20分間蒸す。

卵餃子入り中華風寄せ鍋 什錦火鍋(シジンホーコ)

今日は『大寒』です! こんな寒い冬の日には、この「卵餃子」の入った中華風寄せ鍋を作って温まります。
卵餃子を作るのは少しだけ手間がかかりますが、その手間以上のおいしさがありますので頑張って作ります。

Tamagogyouza_3   

【材料】(8人分)
(スープ)
鶏のもも肉 または手羽肉 2枚
豚のバラ肉 500g (なくてもよい)
ネギ緑の部分
生姜の皮

(卵餃子)12個分
卵 2個
豚ひき肉 60g
ネギ 1/3本 
生姜 2片 
ゴマ油 小さじ1
しょうゆ 大さじ2/3
塩 少々

(鍋の中身)
春雨 50g    (湯で戻し適当な長さに切る)
白菜 3~4枚 (ざく切り)
たけのこ 80g (薄切り)
干ししいたけ 2~3枚 (戻してそぎ切り) 生しいたけ、しめじ、えのきなどでもよい
人参 1/2本 (花形に切ってゆでる)
キヌサヤ (ゆでる)
ネギ (斜め切り)
他に 芝えび、いか、あわびの水煮、肉団子、うずらの卵など加えてもよい

【作り方】
(スープ、ゆで鶏)
1.スープの材料の鶏肉をネギの葉、生姜の皮とともに水から30分くらい煮る。
2.鶏肉をスープから出し、薄切りにする。
3.スープは塩、しょうゆで味を調える。

(卵餃子)
1.卵をとく。(ここで少し水溶き片栗粉を入れると破れにくい)
2.豚ひき肉、みじん切りにしたネギ、生姜、ゴマ油、しょうゆをよく混ぜる。
3.熱したお玉に油をひき、1.の卵を大さじ2杯分ほど流す。
4.急いでお玉を回して餃子の皮ほどに広げる。
5.4.に2.の餃子の中身を小さじ1杯ほど入れて卵の皮部分を半分に折る。

(鍋)
鍋の底に春雨を入れ、その上に白菜とネギをおき、あとの材料をきれいに並べて熱いスープを注ぎ、火にかけて煮ながら食べる

Tamagogyouza2

煮たまご

これ本当に簡単でおいしいんです!
ごはんにのせて食べると、中の黄身がとろ~っと流れ、甘いたれと合わさり、これだけで一杯食べてしまいます。 孫も大好きで、家に来るときは必ず作っておきます。

Nitamago


【材料】

麺つゆ 40cc (3倍にうすめたら麺のつけ汁になる濃さのもの)
みりん 5cc

【作り方】
1.卵を室温に戻す。
2.スプーンにのせた卵を熱湯の中へそっと入れ、8分ゆでる。
3.すぐに水にとり、スプーンの裏側でカンカンカンカンと殻をたたき、割れ目を入れる。
4.麺つゆとみりんを合わせたたれに1時間以上つける。

いろいろ使える鶏肉団子

この鶏肉団子、まとめて作っておくと便利なんです。
写真のようにスープに入れたり、クリームシチュー、鍋、おでんに入れたり、つくねとして甘辛く味付けしたり・・・そして今年のお雑煮は、この鶏肉団子を入れちゃいました。
たくさん作って冷凍しておくとよいです。

Toridango_2


【材料】(30個分)
鶏ももひき肉 200g
鶏胸ひき肉 200g
山芋 50gくらい すりおろす
卵 2個
生姜 1カケ みじん切り
酒 大さじ2
塩、こしょう
片栗粉 大さじ1
パン粉 1カップ

【作り方】
1.すった山芋に卵を加えよく混ぜる。
2.1.に鶏挽肉、生姜、酒、塩こしょう、片栗粉、パン粉を加えよく混ぜる。
3.2.をスプーン2本使い取り分けながら丸め、熱湯でゆでる。

煮干しとナッツの甘辛いため

体によいおやつ、第二段です! カルシウムたっぷりの煮干しとミネラルたっぷりのナッツとで丈夫な骨、サラサラな血液を作ります。これを食べてますます元気に!

Nibosi


【材料】
食べる煮干し 60g (1袋)
砂糖 大さじ3
めんつゆ 小さじ1/2
水 大さじ1
お好みのナッツ 適量
※ナッツは、ピーカンナッツで作るのが好きですが、くるみでもおいしいです。


【作り方】
1.煮干しを電子レンジに1分かけ、乾かす。
2.フライパンに砂糖、めんつゆ、水を入れ、砂糖がとけたら煮干しを入れからませる。
3.2.を皿に広げ、荒熱がとれたらパリパリと、煮干しとナッツをばらばらにする。

こんぶと大豆のおやつ

今年もお正月にたっぷりご馳走を食べて体重が・・・ 食べないのに越したことがないのですが、無理は禁物。そこでカロリーの少なめなおやつを作って食べてます。

Konbu


【作り方】
1.こんぶを1cm程度の幅に切る。
2.110度に温めたオーブンで40分焼く。
3.お好みで煎り大豆と合わせる。

和風シューマイ

冬、寒くなってくると、スーパーに白身魚(鱈たらなど)のすり身が出ます。それを使った上品な和風シュウマイは絶品です!

130113syumai

【材料】(30個分)
玉ねぎ 大1/2個
片栗粉 大さじ1
卵黄 1個
サラダ油 1/3カップ
白身魚のすり身 300g 
(すり身がない場合は、生鱈など白身の魚をすり鉢でする)
ホタテ缶 (カニ缶でもよい) 大1缶

【作り方】
1.玉ねぎをみじん切りにし片栗粉でまぶしておく。
2.すり鉢に卵黄を入れ、サラダ油を少しずつ加えてすり混ぜる。
3.2.に白身魚のすり身をすり混ぜ、玉ねぎ、ホタテの貝柱を加える。
4.シューマイの皮に包む。
5.蒸し器に入れ、15分蒸す。

Syuumai

使わなかったホタテ缶のスープは、炊き込みごはんや澄まし汁として使うとよいですよ。


和風シュウマイ1(卵の黄身にオイルを混ぜる)



和風シュウマイ2(たまねぎに片栗粉をまぶす)



和風シュウマイ3(たらのすり身を混ぜる)



和風シュウマイ4(貝柱、たまねぎを混ぜる)



和風シュウマイ5(蒸し器準備)



和風シュウマイ6(シュウマイを包む)




ゆずみそジャム

冬、ゆずが庭になるとたくさん採って、このゆずみそジャムを作ります。
ジャムといっても、パンに塗るだけでなく、おでんにつけてもおいしい、
とっても重宝するジャムです。

1

【材料】
ゆず 小さめの大きさ 30個(1.6kg) 
砂糖 ゆずの半分の重さ(800g)
味噌 大さじ1、1/2杯

【作り方】
1.ゆずを半分に切って種をとる。
2.皮ごと5mm幅程度にざく切りにする。
3.鍋にゆずと砂糖を入れぐつぐつ煮る。
4.味噌も加え15分煮る。



Oden

おでんにゆずみそ…

Onamasu

おなますにゆずみそ…

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »