レシピブログ

生協の宅配

無料ブログはココログ

09.スープ、汁

オニオングラタンスープ

寒~い冬の朝にこんな温かいスープが飲めたら幸せです。玉ねぎを炒めるのに時間がかかりますから、前の晩にやっておくといいでしょう。また時間のあるときにまとめて作っておいて冷凍しておくのもよいですね。

Onion



【材料】(6人前)
玉ねぎ 大2個 (500gくらい)
バター 大さじ2
スープ 7カップ(水+固形スープ4個でもよい)
白ワイン 大さじ3
フランスパン(5mm厚さ) 12枚
粉チーズ 大さじ6

【作り方】
1.玉ねぎは、縦にできるだけ薄く薄切りにする。
  この段階で一旦冷凍しておくと2.で火が通りやすい。
2.バターで1.の玉ねぎを佃煮の切りイカのようになるまでよく炒める。
  (ここまでが大変なので、この倍の量を作り半分とっておくとよい)
3. スープを熱し、塩加減して白ワインを加える。
4.キャセロールに6等分して入れて玉ねぎの上にパンを浮かし粉チーズをふる。
  とろけるチーズをのせても美味しい。
  (写真はとろけるチーズの上に粉チーズをふったもの)
5.弱火のオーブンで3~4分、表面に焼き色がつくまで焼く。

酒粕汁

寒いです! 立春を過ぎたというのに冬に逆戻りです。
こんな寒~い日に飲みたいのが、「酒粕汁」です。体の中からポッカポカに温まります。


130208

【材料】
鮭(鱈) 
大根
ごぼう
人参
しめじ
こんにゃく
ネギ
など・・・ (写真はかぼちゃも入れました。 野菜は何でもよいのです)
油揚げ

酒粕(水500ccに大さじ1の割合)
味噌 (鮭が辛い場合は不要)

【作り方】
1.お湯を沸かし鮭を入れる。焼いた鮭でもよい。
2.煮えにくい野菜から順々に入れる。
3.味を見て味噌を溶かす。
4.酒粕を溶かす。
※予め酒粕の2倍の量の牛乳で溶いておくと混ざりやすい。

静岡県藤枝市の酒蔵「志太泉酒造」の酒粕は、香りがよく好きです。
近所の厄除け地蔵さんの市で購入します。

Sakekasu1

Sakekasu2

卵餃子入り中華風寄せ鍋 什錦火鍋(シジンホーコ)

今日は『大寒』です! こんな寒い冬の日には、この「卵餃子」の入った中華風寄せ鍋を作って温まります。
卵餃子を作るのは少しだけ手間がかかりますが、その手間以上のおいしさがありますので頑張って作ります。

Tamagogyouza_3   

【材料】(8人分)
(スープ)
鶏のもも肉 または手羽肉 2枚
豚のバラ肉 500g (なくてもよい)
ネギ緑の部分
生姜の皮

(卵餃子)12個分
卵 2個
豚ひき肉 60g
ネギ 1/3本 
生姜 2片 
ゴマ油 小さじ1
しょうゆ 大さじ2/3
塩 少々

(鍋の中身)
春雨 50g    (湯で戻し適当な長さに切る)
白菜 3~4枚 (ざく切り)
たけのこ 80g (薄切り)
干ししいたけ 2~3枚 (戻してそぎ切り) 生しいたけ、しめじ、えのきなどでもよい
人参 1/2本 (花形に切ってゆでる)
キヌサヤ (ゆでる)
ネギ (斜め切り)
他に 芝えび、いか、あわびの水煮、肉団子、うずらの卵など加えてもよい

【作り方】
(スープ、ゆで鶏)
1.スープの材料の鶏肉をネギの葉、生姜の皮とともに水から30分くらい煮る。
2.鶏肉をスープから出し、薄切りにする。
3.スープは塩、しょうゆで味を調える。

(卵餃子)
1.卵をとく。(ここで少し水溶き片栗粉を入れると破れにくい)
2.豚ひき肉、みじん切りにしたネギ、生姜、ゴマ油、しょうゆをよく混ぜる。
3.熱したお玉に油をひき、1.の卵を大さじ2杯分ほど流す。
4.急いでお玉を回して餃子の皮ほどに広げる。
5.4.に2.の餃子の中身を小さじ1杯ほど入れて卵の皮部分を半分に折る。

(鍋)
鍋の底に春雨を入れ、その上に白菜とネギをおき、あとの材料をきれいに並べて熱いスープを注ぎ、火にかけて煮ながら食べる

Tamagogyouza2

いろいろ使える鶏肉団子

この鶏肉団子、まとめて作っておくと便利なんです。
写真のようにスープに入れたり、クリームシチュー、鍋、おでんに入れたり、つくねとして甘辛く味付けしたり・・・そして今年のお雑煮は、この鶏肉団子を入れちゃいました。
たくさん作って冷凍しておくとよいです。

Toridango_2


【材料】(30個分)
鶏ももひき肉 200g
鶏胸ひき肉 200g
山芋 50gくらい すりおろす
卵 2個
生姜 1カケ みじん切り
酒 大さじ2
塩、こしょう
片栗粉 大さじ1
パン粉 1カップ

【作り方】
1.すった山芋に卵を加えよく混ぜる。
2.1.に鶏挽肉、生姜、酒、塩こしょう、片栗粉、パン粉を加えよく混ぜる。
3.2.をスプーン2本使い取り分けながら丸め、熱湯でゆでる。